亜鉛めっきのほか、銀めっき、すずめっきなどの加工を行う、金属表面処理のスペシャリスト

search

03-3743-0216

平日 : 8:30~17:00 ※土日祝除く

phonelink_ring

 
HOME > 製品案内 > 光沢すずめっき

光沢すずめっき

光沢ずすめっき

すずめっきとは、すずの水溶液に鋼材を浸漬し電気を流すことで、その表面にすず皮膜を形成する技術です。
このとき添加剤を加えることで光沢を出しています。

すずは融点が低く、はんだ付けに適しており電子工業でよく用いられています。延性も高く潤滑用にも適しています。
また毒性が少ない性質もあり、食器や缶詰などにも利用されています。

特徴

電気伝導性

denki.png

銀・銅・アルミなどには劣るものの、十分な電気伝導性と耐食性を兼ね備えるため、電気部品に多く用いられています。

防食・耐塩

protect.png
硫化水素、アンモニアや塩化物イオン(≒塩)に対して耐食性があります。

延性

ensei.png
延性に富み、潤滑用に適しています。

用途

  • 分電盤、配電盤のブスバー
  • 圧縮端子
  • 耐塩仕様の圧縮端子

仕様

膜厚       :3~20 (μm) 以上
槽寸法      :2700×700×1000 (mm) 、3000×800×950 (mm)
その他      :上記以外や詳細、ご不明な点等がございましたらお気軽にお問い合わせください
 

資料ダウンロード

光沢すずめっきの情報が載ったパンフレットです。


お問合せ

お問い合わせは、お電話、もしくはフォームからお寄せください。

03-3743-0216

03-3745-5271

平日 : 8:30~17:00 ※土日祝除く