亜鉛めっきのほか、銀めっき、すずめっきなどの加工を行う、金属表面処理のスペシャリスト

search

03-3743-0216

平日 : 8:30~17:00 ※土日祝除く

phonelink_ring

 
HOME > 製品案内 > 半光沢銀めっき

半光沢銀めっき

半光沢銀めっき

銀めっきとは、銀の水溶液に鋼材を浸漬し電気を流すことで、その表面に銀皮膜を形成する技術です。
半光沢銀めっきは、添加剤を加えて「硬さ」を与えることにより、電気接点や端子などに求めれれる耐摩耗性が高くなっています。

銀は全金属の中で、一番の電気伝導性と熱伝導性を兼ね備えた良好な素材です。
近年では、高騰する金材料の代替品としても注目を集めており、様々な電子部品や回路に用いられています。

 

特徴

電気伝導性

denki.png

低電気抵抗によりエネルギーロスを軽減します。

耐摩耗性

diamond.png
接点等の摺動部分に最適な硬度が得られます。

難形状


筒状内部や大型曲がり、ねじ切り物、箱型などのめっきの付けづらい形状のものでも対応可能です。

用途

  • 大型施設の送電部品、分電盤部品の電気伝導性の向上
  • 電気ケーブル末端部品、コネクター耐摩耗性アップ
  • 電気回路部品など

仕様

膜厚       :1~40 (μm) 以上
サイズ      :最長2500 (mm) 、小さいものでは数 (mm) の大きさまで。
対応被金属:銅、黄銅、鉄
その他      :ご希望により変色防止処理(クロム、ノンクロム)も致しております。
      形状や詳細、ご不明な点等がございましたらお気軽にお問い合わせください
 

資料ダウンロード

銀めっきの情報が載ったパンフレットです。


お問合せ

お問い合わせは、お電話、もしくはフォームからお寄せください。

03-3743-0216

03-3745-5271

平日 : 8:30~17:00 ※土日祝除く