亜鉛めっきのほか、銀めっき、すずめっきなどの加工を行う、金属表面処理のスペシャリスト

search

03-3743-0216

平日 : 8:30~17:00 ※土日祝除く

phonelink_ring

 
HOME > 製品案内 > 半田めっき

半田めっき

半田めっき

半田めっきとは、はんだの水溶液に鋼材を浸漬し電気を流すことで、その表面にはんだ皮膜を形成する技術です。
弊社の半田めっきは、6:4はんだ(共晶はんだ)と言われ、最も融点(約183℃)が低く、またはんだ付け性も高いためはんだ付けを行うものに最適です。
ビッカース硬さ5~15と比較的柔らかく、ウィスカの発生抑制や耐食性に優れており、バッテリー部品や電子部品のめっきとして用いられています。

欧州ELV指令においてバッテリーの鉛は適用除外部品とされています。
RoHS指令等の規制がある製品には対応しておりません。

特徴

共晶はんだ

183c.png

すずと鉛の含有の割合は低融点(183℃)でのはんだ付けが可能な、すず:鉛=6:4の共晶はんだを使用しています。

防食

シールド.png
半田めっきは高い耐食性があり、バッテリーの端子部品などに用いられています。

ウィスカ抑制

shield
合金めっきのため短絡の原因となるウィスカの発生を抑えます。

用途

  • 電子部品(数ミリの物からめっき可能です)
  • バッテリー関連部品
  • 電力向け架線金物

仕様

槽寸法      :2300×750×910 (mm)
対応被金属:銅、黄銅、鉄等
その他      :部分めっきも可能です。
      上記以外や詳細、ご不明な点等がございましたらお気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

半田めっきの情報が載ったパンフレットです。


お問合せ

お問い合わせは、お電話、もしくはフォームからお寄せください。

03-3743-0216

03-3745-5271

平日 : 8:30~17:00 ※土日祝除く