亜鉛めっきのほか、銀めっき、すずめっきなどの加工を行う、金属表面処理のスペシャリスト

search

03-3743-0216

平日 : 8:30~17:00 ※土日祝除く

phonelink_ring

 
HOME > 製品案内 > 電気亜鉛めっき

電気亜鉛めっき

電気亜鉛めっき

電気亜鉛めっきとは、亜鉛の水溶液に鋼材を浸漬し電気を流すことで、その表面に亜鉛皮膜を形成する技術です。
溶融亜鉛めっきとは異なり、高温にならないため製品が歪まず、またネジ部もそのまま使用することができます。
細かな傷がついても「犠牲防食作用」によって素材の鉄が錆から守られます。
また亜鉛自体は錆びやすいため、クロメートなどの後処理を行います。

特徴

後処理

flask.png

高い耐食性を備えた六価クロメート(有色)、RoHS指令に対応した三価化成処理(光沢・有色・黒色)があります。

防錆


鉄鋼製品に対する犠牲防食作用により、傷がついても鉄を錆から守ります。

難形状


1つ1つ製品の形状に合わせて引っかけ方を変えているため、複雑な形状にも対応できます。

用途

  • 屋内用機械
  • 発電所などの重電部品

仕様

膜厚       :5~30 (μm)
サイズ      :4000×1300×1500 (mm) 、2000×1800×1200 (mm)
その他      :部分めっきも可能です。
      形状や詳細、ご不明な点等がございましたらお気軽にお問い合わせください
  

資料ダウンロード

電気めっき3価の情報が載ったパンフレットです。


電気めっき6価の情報が載ったパンフレットです。


お問合せ

お問い合わせは、お電話、もしくはフォームからお寄せください。

03-3743-0216

03-3745-5271

平日 : 8:30~17:00 ※土日祝除く